〜絵本の紹介〜

  

『わんぱくだんのはしれ!いちばんぼし』

大人気のわんぱくだんシリーズ!公園にあるSLに乗り「動いたらいいな」と思った途端、汽車が走り出して大空へ!!銀河を飛ぶ場面で「わぁ✨」と目を輝かせ楽しんでいた1冊です。

●作:上野 与志  ●絵:末崎 茂樹  ●出版社:ひさかたチャイルド

『すいかのたね』

ばばばあちゃんの植えたすいかの種!!なかなか芽を出してくれません。色々な動物が「つまらない」と言うので怒ったすいかの種はつるを伸ばし始めます。いったいどうなるでしょうか!?見ている子ども達もわくわくできる1冊です!

●作:さとう わきこ  ●出版社:福音館書店

  

『ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ』

おばあちゃんの家を目指し、田舎道をまっすぐまっすぐ歩く「ぼく」
途中いろんな”はじめて”に出会いながら一生懸命歩くぼくの姿がとても可愛い作品です。主人公の「ぼく」になりきって読み進められる1冊ですよ。

●作:マーガレット・ワイズ・ブラウン  ●絵:林 明子
●訳:坪井 郁美  ●出版社:ペンギン社

『しろくまちゃんのほっとけーき』

しろくまちゃんがホットケーキを作るお話…ホットケーキが焼けていく様子が子ども達は大好きで、何度も何度も繰り返し読んでいますよ!!

●作:わかやま けん  ●出版社:こぐま社




 緑陽台保育園では、年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子どもたちの感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。
 入園の手続きをした子どもたちへ、保育園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が12冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-0315
河東郡音更町緑陽台仲区35番地9
TEL:0155-31-5815
FAX:0155-66-6360