〜絵本の紹介〜

『もりのへなそうる』

 絵本というより、お話といったほうがいいかもしれないこの絵本。1日では読みきれないのですが、この時期の年長さんには、日をまたいで何日もかけて読んでも、想像や記憶を持続できるのでとても楽しめています。園児と同じ年頃のおにいちゃんと弟の登場するお話なので、より自分たちもお話の中に入り込めるようです。 へなそうると兄弟の会話もとても楽しいんですよ。就寝前などに一緒に楽しんでみてはどうですか?

●作:わたなべ しげお ●絵:やまわき ゆりこ ●出版社:福音館書店

『ないたあかおに』

 冬のこの時期には、テレビなどでも見かけるこのお話は、知っている大人も多いですよね。鬼イコール怖いイメージですが、この話を読むともしかしたらほんとは怖くないのかも?なんて思ってしまいます。ちょっぴり切なくなるそんなお話です。

●作:はまだ ひろすけ ●絵:いけだ たつお ●出版社:偕成社

『みんなともだち』

 ♪み〜ん〜な ともだち〜♪みんなの大好きなうたにもなっているこの絵本。卒園、進級の季節が近づくこの季節、どこからともなく歌が聞こえてきます。絵本をみながら思わず口ずさんでしまうそんな楽しい絵本です。イラストもなんだかほんわかして、大人が見ても心が和むそんな絵本です。

●作:中川 ひろたか ●絵:村上 康成  ●出版社:童心社




 つつじが丘幼稚園では、平成15年から年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子どもたちの感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。
 入園の手続きをした子どもたちへ、幼稚園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が14冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-2475
北海道帯広市西25条南3丁目9
TEL:0155-37-4000
FAX:0155-37-3741