〜絵本の紹介〜

『どろだんご』

 発表会後、どろだんご作りを計画中の年長組です。 「どんなふうに作るのか?」「気をつけなくちゃいけないこと」を楽しみながら理解できる絵本です。 「どんなどろだんごが出来るのか?」楽しみながら取り組めるよう絵本の力を借りたいと思います。2月には、展示会も計画中です。

●作:たなか よしゆき ●絵:のさか ゆうさく ●出版社:福音館書店

『ぐりとぐらのいちねんかん』

 大人も子どももみんなが大好きな「ぐりとぐら」のおはなしです。 絵本の中のぐりとぐらは、いつも生き生きしていて、子ども達の心にぐんぐんと絵の具のように入っていきます。季節の移り変わりも、とてもきれいな色彩で、目からも楽しめるそんな絵本です。親子で秋の夜長よんでみてはいかがでしょう。

●作:中川 李枝子  ●絵:山脇 百合子  ●出版社:福音館書店

『かぶさんとんだ』

 誰もがよく知っているこの昔話。子供たちも大好きです。 ちょっぴりドキドキする場面では、思わず目を隠したり、身体を小さくして いる姿も見られます。ぶたさんに、おおかみの存在を伝えようと、 「きたよ!!きたよ!!」と話しかける姿も。 「とんとんとん、あけておくれ!」と三びきのこぶたごっこ遊びも、楽しんでいるみんなです。

●作・絵:五味 太郎  ●出版社:福音館書店




 つつじが丘幼稚園では、平成15年から年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子どもたちの感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。
 入園の手続きをした子どもたちへ、幼稚園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が14冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-2475
北海道帯広市西25条南3丁目9
TEL:0155-37-4000
FAX:0155-37-3741