〜絵本の紹介〜

『ちきゅうがウンチだらけにならないわけ』

さくらんぼ組が帯広動物園の「動物ふれあい教室」の体験からウンチに興味を持った絵本です。クサイ・汚いと遠ざけられがちなウンチですが、また新たな気持ちでウンチと接する事ができるきっかけになった絵本です。

●作:松岡 たつひと  ●出版社:福音館書店

『えんそくバス』

文が少なくシンプルな絵本ですが、面白さが絵や言葉に詰まっている絵本です。この本を読むとワクワクが止まらなく、ついつい笑ってしまう子どもたちです!!

●作:中川ひ ろたか  ●絵:村上 康成  ●出版社:童心社

『ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ』

目的地まで ちゃんと着くかどうか?気にしながら読んでいたお友だち。「この家は誰のうちかなぁ?」と考えながらも、結末にホッとひと安心!! あたたかい気持ちにさせてくれる一冊です。

●作:マーガレット・ワイズ・ブラウン  ●絵:林 明子
●訳:坪井 郁美  ●出版社:ペンギン社




 緑陽台保育園では、年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子どもたちの感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。
 入園の手続きをした子どもたちへ、幼稚園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が14冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-0315
河東郡音更町緑陽台仲区35番地9
TEL:0155-31-5815
FAX:0155-66-6360