〜絵本の紹介〜

『にじいろのさかな』

仲間に対しての思いやりやすれ違う思い等、様々な感情を持つ事の大切さを この絵本で感じられる一冊となっています。

●作:マーカス・フィスター ●訳:谷川 俊太郎 ●出版社:講談社

『かいじゅうたちのいるところ』

かいじゅうたちにびっくりしながらも、色んな世界に引きずり込まれて行きます。 どきどきわくわくのお話です。

●作:モーリス・センダック ●訳:じんぐう てるお ●出版社:冨山房

『だるまちゃんとてんぐちゃん』

大好きなだるまちゃんシリーズの中でも人気の一冊です! かわいいイラストに釘付けで集中してみてくれるんですよ!

●作:加古 里子  ●絵:加古 里  ●出版社:福音館書店




 緑陽台保育園では、年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子どもたちの感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。
 入園の手続きをした子どもたちへ、保育園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が14冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-0315
河東郡音更町緑陽台仲区35番地9
TEL:0155-31-5815
FAX:0155-66-6360