〜絵本の紹介〜

『ロボット・カミィ』

この本は絵が少なく文字の多い作品です。聞く力が付いてきている年長さんならではの1冊。数ページずつ読んでいて「カミィどうなるかな?」とワクワクしながら聞いてくれていますよ(^-^)


●作:古田 足日  ●絵 堀内 誠一  ●出版社:福音館書店

『ともだちや』

『ともだち』って何だろう?お友だちづくりのきっかけになる絵本です。 不器用ながら友だちを作ろうとする主人公の姿など心温まるお話です。

●作:内田 麟太郎  ●絵:降矢 なな  ●出版社:偕成社

  

『しろくまのパンツ』

「どこに行ったんだろう?」とパンツをなくして困っているしろくまさん。心配してやってきたネズミさんと一緒にパンツを探します。ラストにはあっと驚く発見が!

●作:ツペラ ツペラ  ●出版社:ブロンズ新社

  

『うえきばちです』

絵がとても個性的でページをめくるたびに子ども達が“クスッ”と笑ってしまう1冊です。「次はどうなるのかな?」と創造力が膨らんで釘付けになる絵本ですよ(^-^)

●作 川端 誠  ●出版社:BL出版




 緑陽台保育園では、年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子どもたちの感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。r />  入園の手続きをした子どもたちへ、保育園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が12冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-0315
河東郡音更町緑陽台仲区35番地9
TEL:0155-31-5815
FAX:0155-66-6360