〜絵本の紹介〜

『アラジンと魔法のランプ』

挑戦あそびの縄跳びや発表会で取り組んでいる跳び箱を跳べるようになりたいと想う気持ちを強く持ってくれている年長組。魔法のランプに「跳べますように」とお願いをしランプにもお話にも興味を持ってくれています。

●作:平田 昭吾  ●絵:大野 豊 、伸童舎  ●出版社:ポプラ社

『サンタクロースってほんとにいるの?』

雪が降り、子ども達の中からもクリスマスを楽しみにしている声が聞かれています。みんなにプレゼントを運んできてくれるサンタさんはどのようにして来るのか?どのように過ごしているのか?など興味を持つことのできる一冊です。

●作:てるおか いつこ  ●絵:杉浦 範茂  ●出版社:福音館書店

  

『てぶくろ』

沢山登場する動物に次は誰かとハラハラドキドキ。「入れて」「どうぞ」の繰り返しを子ども達も一緒に口ずさみながら楽しめる一冊です。

●作:(ウクライナ民話)  ● 絵:エウゲーニー・M・ラチョフ
●訳:内田 莉莎子      ●出版社:福音館書店




 帯広の森幼稚園では、平成15年から年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子どもたちの感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。
 入園の手続きをした子どもたちへ、幼稚園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が12冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-0856
北海道帯広市南町南8線46-9
TEL:0155-48-8528
FAX:0155-48-5051