〜絵本の紹介〜

『どろぼうがっこう』

物語が繰り返しとなっておりとても分かりやすく、お話の面白さやテンポの良さが子どもたちにぴったりな一冊です。

●作:かこ さとし  ●出版社:偕成社

『はじめてのおつかい』

まだお使いに行ったことのないお友だちがほとんどなので、ひとりでお使いへ行く女の子の様子にドキドキしながらも、「おつかいにいってみたいなぁ」という憧れや、冒険心も感じられる一冊。  感情移入するお友だちが多いです。

●作:筒井 頼子  ●絵:林 明子  ●出版社:福音館書店

『だるまちゃんとてんぐちゃん』

少しずつお友だち同士で見立てあそびをする姿が見られてきた年少組。 てんぐちゃんの真似をするだるまちゃんとのやりとりがとても可愛らしくこの時期にピッタリな1冊です。

●作・絵:加古 里子  ●出版社:福音館書店




 帯広の森幼稚園では、平成15年から年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子どもたちの感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。
 入園の手続きをした子どもたちへ、幼稚園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が14冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-0856
北海道帯広市南町南8線46-9
TEL:0155-48-8528
FAX:0155-48-5051