〜絵本の紹介〜

『はははのはなし』

給食の後は毎日歯磨きをしています。ついついおしゃべり等をすることがある年長組さんですので、歯磨きの必要性や歯を磨く意識にもつながります。歯科検診も近づいてきて、ちょっぴりドキドキしてる年長組です。

●作・絵:加古 里子  ●出版社:福音館書店

『はじめてのおつかい』

5歳の女の子がお母さんに頼まれて、一人でおつかいに行くお話。年中さんのお友だちと歳が同じくらいなので、「本当にできるのかな?」とちょっぴりドキドキしながらも、「大きくなったら行ってみたいなあ・・」とおつかいへの憧れの気持ちも芽生える一冊です。

●作:筒井 頼子  ●絵:林 明子  ●出版社:福音館書店

『げんきな よいこ』

今、まさに年少さんが頑張っていることを自分たちと照らし合わせながら読むことの出来る一冊です。自分の事は自分で出来るように頑張ろうと子ども達自身の気持ちも引き出してくれます。

●絵:奥谷 耕次  ●出版社:世界文化社




 帯広の森幼稚園では、平成15年から年間200冊の絵本読み聞かせ活動に力を入れてきました。幼児期から絵本を通じて、子どもたちの感性を豊かにし、言語の習得・想像力を育むことが大切だと考えるからです。絵本を通じて親子の心のつながりをより強いものにしたいと考えたのが「ブックスタート・プラス」プロジェクトです。br />  入園の手続きをした子どもたちへ、幼稚園からささやかではありますが、絵本を1冊プレゼントさせていただきます。
 数多い絵本の中から、子どもたちが保護者の皆さんと楽しめ、発達段階にあった優れたものを先生方が14冊選びました。その中から保護者の皆さんに1冊選んでいただきます。
 この思いをご理解いただき、ぜひ有効活用し、これからの子育てに生かしていただければ幸いです。

INFORMATION

姉妹園のご案内

ACCESS

〒080-0856
北海道帯広市南町南8線46-9
TEL:0155-48-8528
FAX:0155-48-5051